YONのドバトブログ

YONの土鳩ブログ

ゲーム好きの鳩"YON"がツイッターでは言い切れないことについて書き連ねるブログ

【ボードゲーム】スマートフォン株式会社 公式ルールブックに記載の無いルールまとめ

この記事では、ボードゲーム「スマートフォン株式会社」(英題 Smartphone Inc.)の公式ルールブックに記載の無いルールについて説明する。スマートフォン株式会社の公式ルールブックは、残念ながらゲームプレイ上記載が必須である項目がことごとく抜け落ちており、日本語版ルールブックも同様である。是非この記事を参考にルールの不明点を解消してほしい。また、この記事の内容を読めば、英語版しか発行されていない公式のルールブック訂正一覧(Rules Corrections for Smartphone Inc. and Steve solo-mode)の内容もカバーされるようになっている(「公式訂正」と記載)。

なお、この記事の内容は日本語版スマートフォン株式会社販売元である数寄ゲームズ様からの回答を元にしている。大変迅速に明確な回答を頂けたことに感謝したい。

 

f:id:YON_4:20190519185413j:plain

 

 

公式ルールブックに記載のないルール一覧

プレイヤーの準備
  • スコアボードや価格ブロックに設置する商品マーカーは、最初に受け取った20個の商品マーカーのうち2つを使用します。製品には20個を超える同一色の商品マーカーが同梱されていますが、それらは予備として使用してください。

  • 初期地域に設置するオフィスマーカーは、 最初に受け取った18個のオフィスマーカーのうち1つを使用します。製品には18個を超える同一色の商品マーカーが同梱されていますが、それらは予備として使用してください。

 

フェーズ1 計画
  • 初期改善タイルは、最初の計画フェーズで使用することができます。

 

フェーズ2 価格決定
  • 価格が2未満になった場合、価格を2としてプレイしてください。また、価格が9以上になった場合、価格を8としてプレイしてください。これは以降のフェーズでも同様です。

 

フェーズ3 生産
  • 商品マーカーが不足した場合でも、不足分の商品は生産されます。一時的に予備のマーカーなどを使用して商品マーカーの代用としてください。

  • 初期改善タイルを使用しなかった場合、生産+1のボーナスは最初の生産フェーズから適用されます。初期改善タイルを含む全ての改善タイルは、各ラウンドでそれぞれ「表向きでパッドに載せてシンボル2個を適用」か、「裏向きでパッドの脇に置いて商品を1個生産」のいずれかの用途で利用します。

 

フェーズ4 生産改善
  • 前回までのラウンドで使用したことがある改善タイルでも、そのラウンドのフェーズ1「計画」で使用しなかった場合そのタイルは未使用扱いとなり、生産+1のボーナスを得ることができます。

  • このフェーズで得た改善タイルや商品トークンは、次のラウンドだけでなく、次以降全てのラウンドで使用できます。(公式訂正)

 

フェーズ5 技術の研究
  • 進捗マーカーが不足した場合でも、不足分の進捗マーカーを受け取ることができます。一時的に予備のマーカーなどを使用して進捗マーカーの代用としてください。

  • 技術によるボーナスは、技術を研究してオフィスマーカーを設置した直後から適用されます。

 

フェーズ6 物流
  • 進捗マーカーが不足した場合でも、不足分の進捗マーカーを受け取ることができます。一時的に予備のマーカーなどを使用して進捗マーカーの代用としてください。

  • 同じプレイヤーが、 1回の手番で複数の進捗マーカーを設置することができます。基本的にはすべてのマーカーを設置することになるでしょう。

  • 新たにオフィスマーカーを設置すると、その地域に隣接する地域に進捗マーカーやオフィスマーカーを直ちに置けるようになります。
    例. このフェーズで地域Aに新たなオフィスマーカーを設置しました。別の地域BがAに隣接しており、かつBの隣接地域のうち自分のオフィスマーカーがあるのが地域Aのみであるとします。このとき、十分な進捗マーカーがあれば、Aにオフィスマーカーを設置した手番で、Bにも自分のオフィスマーカーを新たに配置することができます。

  • 進捗マーカーは、既に自分のオフィスマーカーを置いている地域と線で繋がった地域にしか置けません。(公式訂正より。ただし、このルールは日本語版ルールブックには記載されている)
    例. North Africaにしか自分のオフィスマーカーがないとき、進捗マーカーを置けるのはEurope, China, Emirates, South Americaのみです。

  • スティーブも、既に自分のオフィスマーカーを置いている地域と線で繋がった地域にしか進捗マーカーを置けません。また、スティーブは常に小売業者のいない地域を優先して進捗マーカーを置きます。(公式訂正より)

  • 同一地域、同一プレイヤーの2つ目のオフィスマーカーは、Wi-Fi技術か小売業者のボーナスを使用しないと置くことができません。既に自分のオフィスマーカーがある地域に進捗マーカーを置くことはできません。(公式訂正より)

フェーズ7 販売
  • 同じプレイヤーが、1回の手番で複数の商品マーカーを設置できます。

  • 自分の設定価格や研究技術で商品を販売でき、かつ商品マーカーがまだ置かれていないバイヤーを通り越して、右側のバイヤーに商品マーカーを置くことはできません。

    f:id:YON_4:20190519174559j:plain

    例. 上記のIndiaのバイヤーに商品を販売します。あなたの商品価格は4、研究済技術は4Gのみ、商品マーカーは十分持っています。このとき、全てのバイヤーにまだ商品マーカーが置かれていないならば、あなたは次の優先順位で商品マーカーを置かなければなりません。
    1. 左から2番目、希望価格5の赤いバイヤー
    2. 左から3番目、希望価格6の赤いバイヤー
    3. 左から6番目、希望技術4Gの紫色のバイヤー
    もし、希望価格5の赤いバイヤーと、希望価格6の赤いバイヤーにのみ既に商品マーカーが置かれているときは、あなたは希望技術4Gの紫色のバイヤーにしか商品を販売できません。

  • 販売できなかった商品マーカーは全て失われ、オーガナイザーの一番左の区画に戻されます。(公式訂正より)

 

次のラウンドの準備
  • マップ上に残っている技術の進捗マーカーと物流の進捗マーカーは、そのまま次ラウンドに引き継がれます。

 

小売業者

小売業者のオフィス移動ボーナスについて

  • 小売業者に置いたオフィスマーカーは別の小売業者にのみ、地域に置いたオフィスマーカーは別の地域にのみ移動できます。

  • 移動させるオフィスマーカーは、この小売業者に置いたオフィスマーカーでも、初期配置のオフィスマーカーでも構いません。

  • オフィス移動ボーナスによって小売業者間でオフィスマーカーを移動させた場合は、移動先の小売業者のボーナスを受け取ることはできません。

  • 小売業者Aに置いたオフィスマーカーを移動させた後、同じプレイヤーが再び小売業者Aにオフィスマーカーを設置したとき、再度小売業者Aのボーナスを受け取ることができます。

 

ソロプレイ
  • スティーブの「パッドのアクティブなシンボル」とは、スティーブのパッドの上部に記された9つのシンボル、及びラウンド数のマスに配置された改善タイルのシンボルです。

  • スティーブのDelayed Improvementのマスにある改善タイル上のシンボルのみ、スティーブの非アクティブシンボルとみなされます。

 

その他
  • リチウムイオンの技術ボーナス(裏面)の効果は、「フェーズ3で毎回、研究された技術2つにつき、商品を追加で1個生産します」です。タイルに書かれている通りです。(公式訂正より。ただし、このルールは日本語版ルールブックには記載されている)