YONのドバトブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YONの土鳩ブログ

ゲーム好きの鳩"YON"がツイッターでは言い切れないことについて書き連ねるブログ

ノヴァネオ視点の武器考察:チャージャー編

スプラトゥーン

ノヴァネオ視点でチャージャーを考察。ver. 2.2.0想定。

まず武器を簡単に紹介した後、ノヴァ視点ではどのような武器か述べる。

採用率が高い武器ほどコメントは多め。

あまり単純に有利不利がつく武器種ではないけどそこは体感で。






リッター系

このゲームで最も長い射程を持つ、約束された強武器。
それでいてサブもスペシャルもメインとの相性が良い。


3Kスコープ  ノヴァネオ微不利

通称リッスコ。リッターとも。ゲーム中最大の射程を持つ強武器。
普通のチームなら大抵1人リッターメインが居るレベルで、
どの武器持ちであろうと対策は必須である。
最大の射程があるメインを持つ一方でサブはクイックボムであり、
メインの補助や近距離戦も一応こなせる上に遮蔽物裏の敵への攻撃手段まで持っている。
メインもサブも攻撃力アップで性能が大幅に強化されるため相性が良い。
そしてスペシャルはスーパーセンサーであり、
敵の接近を牽制し、潜伏した敵を炙り出すことが可能で、こちらもまたメインとの相性が良い。

ver. 2.2.0のアプデ後はメインのチャージ途中の攻撃力が大幅に低下し、
半チャ撃ちで敵を倒すことが困難になった。
防御持ちをワンショットキルするにはフルチャ撃ちがほぼ前提となり、
チャージの必要性が上がったため対多戦闘の能力や継戦能力も低下した。
他のチャージャーの存在意義を奪うほどの絶対的な強さはなくなったと言える。

ノヴァネオはブラスターという性質上リッターに撃ち抜かれやすく、
場所によってはジャンプ撃ちも控える必要がある。
当然ながらノヴァネオのボムすら届かない範囲では圧倒的不利、
ボムが届いてもメインが届かない距離では有利にはならない。
また、ボムラッシュ中のノヴァネオはボム投擲音を連発しながら
赤い光を発しているので特にリッターに狙われやすい。

しかし、リッターポジションである高台に
下から大きなリスクをつけられるのはブラスターの特権であり、
こちらの位置を認識されていなければクイボ暴れすら許さず倒すことができ、
クイボ暴れをされてもキルタイムが速いわけはないので落ち着いて直撃を取れば迎撃できる。
ボム投げで回避行動を取らせれば敵のチャージをリセットすることができ、
倒さずとも仕事をさせない立ち回りも可能。
敵リッターを潰すことで得られる戦術的アドバンテージは大きいので、
多少無理をしてでも倒しに行く価値があることは覚えておこう。


3Kスコープカスタム  ノヴァネオ微不利

通称リッカスコ。リッカスとも。
サブのビーコンとリッターの相性は微妙だが、
スペシャルのダイオウイカとリッターの相性は良好。
敵に接近された場合の迎撃手段として使えるほか、
ダイオウが溜まっている状態なら
無印リッスコがなかなか行けないような危険な場所にも強気に出ることができる。
味方と連携すれば打開の支援も可能。

サブがビーコンであるため、ダイオウがない状態で敵に接近されると為す術がなく、
クイボなら簡単に塗れる場所もいちいちメインで塗る必要があるので無印に比べ機動力に劣る。
ダイオウを強化するためにイカ速も欲しくなるが、イカ速とメインとの相性はいまひとつ。

ノヴァネオはダイオウとの相性が悪いため、
ゲージ状況には注意する必要がある。
リッカス側から積極的にダイオウを仕掛けてくることは稀だが、
ダイオウを保持されると手が出しにくいのが厄介。
完全に裏を取れた場合は直撃が狙える。
ダイオウが溜まっていないリッカスに接近できたらお楽しみ芋リッター掘り掘りタイムが始まる。


リッター3K、リッター3Kカスタム  ノヴァネオ微不利

いずれもスコープ付きバージョンに射程負けするため著しく採用率が低い。
スコープが無いことは大したメリットにならない癖に射程の減少という大きなデメリットがある。
ただしノヴァネオ視点ではそこまで有利不利は変わらないと思われる。





スプラチャージャー系

一般的なチャージャー。
リッターに射程で負けるが連射速度やチャージ速度、インク効率で勝る。


スプラスコープ  ノヴァネオ五分

通称スプスコ。リッターより射程は無いものの
インク効率やチャージ速度に優れたチャージャー。
サブのスプラッシュボムで遮蔽物裏から敵を炙り出すことができ、
スペシャルのボムラッシュはライン上げに使える。
リッター弱体化前は採用する価値がほとんど無かったが、弱体化後は採用されることも増えた。

ボム持ちとはいえ近接戦闘は弱く、
マップにも依るが現在でも射程差の関係で対リッターは不利。
チャージャーであるにも関わらず対チャージャーで
不利をつけられる場合があるのはそれだけで大きな欠点である。

リッターのようにダイオウイカになったりクイボで暴れたりしてこないので、
ノヴァネオ側は射線を避けて接近し、
置きボムに注意しつつメインで攻撃すれば良い。
ボムラッシュ中は危険なので無理にメインで攻撃しようとしないこと。
スプスコ射撃後に距離を詰める場合はリッターよりもチャージが速いことを考慮する必要がある。


スプラスコープワカメ  ノヴァネオ微有利

サブがスプリンクラースペシャルがメガホンになったスプラスコープ。
メインが元々塗れる武器なので、
スプリンクラーと合わせるとかなりの回転率でメガホンを撃つことができる。
スプリンクラーやメガホンが強く、
リッターの射程が必要ないマップ(モンガラ、ヒラメなど)では採用率が高い。

サブスペシャルの変更により、
近接戦闘の能力は大幅に落ちており、敵に肉薄されると厳しい展開となる。
当然だが無印スプスコと同じくリッターには射程負けするため、多くのマップで不利がつく。

接近してしまえば既にワカメ側が
チャージしていない限りキルが取れるので、かなり倒しやすい相手。
遮蔽物裏にリスクをつける方法もメガホンしかないので、
わざと誘って硬直をメインやボムで狩るのも面白い。



スプラチャージャー、スプラチャージャーワカメ  ノヴァネオ五分 ノヴァネオ微有利

いずれもスコープ付きバージョンに射程負けするため著しく採用率が低い。
スコープが無いことは大したメリットにならない癖に射程の減少という大きなデメリットがある。
ただしノヴァネオ視点ではそこまで有利不利は変わらないと思われる。




竹系

一撃キルがなくなった代わりに、
高い連射速度とチャージ速度を得たチャージャー。
チャージ時間に関わらず射程が一定であるという特徴がある。


14式竹筒銃・甲  ノヴァネオ五分

通称竹・甲。サブはシールド、スペシャルはメガホン。
唯一のシールド持ちチャージャーであるが、
射程はジェッスイと同レベルなので立ち回りはシューターに近い。
チャージ無しでも射程が変わらないが、
チャージすると塗りの密度が上がるという特徴がある。
攻撃積みと相性が良く、フルチャ撃ちの威力を99.9まで高めることができ、
インクによるスリップダメージ込みでフルチャ1発キルが狙えるようになる。
DPSが高いのでシールド対面で実はかなり強い。

攻撃積みで多少補えるものの、
やはり1発で敵を倒せないのは非常に大きな欠点である。
防御積みの敵との相性も悪い。
また、メイン効率が悪く、継戦能力が低いという欠点もある。

圧倒的手数で攻めてくる竹はノヴァネオ側からしても若干面倒な相手。
シールドを置いて待ち合いを仕掛けてくる竹・甲に対しては、
継戦能力が低い所を突いてボムと遮蔽物を利用しつつじわじわラインを詰めていくのが無難。
無理に強引に攻めると敵インクを踏んで即死を取られかねないので注意を要する。


14式竹筒銃・乙  ノヴァネオ微有利

通称竹・乙。ポイズンとセンサーを持っている。

もみじと同じ構成であり、開けた場所ではある程度戦えるものの
遮蔽物が多い環境になると途端にやることがなくなる。
かと言って開けた場所で対多戦闘をこなせるようなポテンシャルも無く、
単体で見てもチームで見てもあまり役割が無い武器。

ノヴァネオ側の対処は他のポイズン持ちと同様で、
ボム等を控え、位置を悟られる前に接近して倒すのがセオリー。
ただし、もしポイズンを食らっても
遮蔽物に隠れればやられることはないことを覚えておこう。





スクイックリン系

チャージ速度と機動力、インク効率を高めたチャージャー。
その一方で射程は大きく犠牲になっており、シューターに近い。


スクイックリンα  ノヴァネオ微有利

チャージ速度、インク効率と機動力に優れたチャージャー。
ポイセンとバリアを持っており、唯一のバリア持ちチャージャーである。
バリアは前線での戦闘補助にかなり役立ち、強気に前に出ることが可能になる。
チャージャーであるがフルチャ撃ちが前提であるため、
攻撃積みは不要でギアの自由度が高い。
ヒト速と相性が良く、チャージ中の機動力が増す。
実は防御積みとも相性が良い。

最大の問題は68組シューター程度しかない射程であり、
普通のチャージャーとしての立ち回りは不可能、
前線に出る武器としてはチャージ時間45Fはあまりにも長い。
高い精度のエイムを要求される割には対多戦闘も安定せず、
必要な技術の割に出来ることが少ない武器と言える。
バリアは前線での戦闘を支援してくれるが、
使用してもそこから敵を倒すのはまた一苦労で、
結局リスに戻されてしまうこともしばしば。

ノヴァネオ側は普通の対チャージャーのように
射線を避けて死角から叩く立ち回りはやり辛いので、
不意を突いて一気に間合いを詰めて強引に倒してしまうのが良い。
ただしバリアには注意が必要。塗り勝ちしてるなら無理矢理使わせるのも手。


スクイックリンβ  ノヴァネオ有利

トラップとスパショを持ったスクイックリン。

前線に出る必要があるのに前線で戦えない構成となっており、
何を考えて設計したのかよく分からない武器。
名実ともに「地雷チャージャー」と言える。
ブキチによるとトラップをナワバリの周りに仕掛けて
攻めこまれないようにする武器らしいが、
こんな物で侵攻を抑止できるなら他の武器を使った方が絶対に強いし
そのような運用をするにしてもαの方が確実に強い。

ノヴァネオ側はβの真正面さえ避けていれば問題なく勝てる相手だろう。

広告を非表示にする